魚意、魚意、御意

作品について

「私たちは自由意志を持っているようで実は自然法則に従って生きている」というオランダの哲学者バルフ・デ・スピノザの言葉に触発され、「ゆらぐ自画像」を描き続ける。
アイデンティティに迫ることにより見え隠れする自身の生い立ちを透明なガラスの壁の中で育つ水槽の中の存在と重ねた。
「ゆらぎ」や「うつろい」をなぞらえる銀箔を硫化させ黒変させる行為は、コントロールの効かない予測不能な結果をもたらす。その中に美を見出そうとする試みが、先行き不透明な時代を生きる私達の「希望」へ、少しでも繋がれば幸いである。

遠藤水城賞・審査員選評

オンラインで展覧会を見る、さらには絵画作品を見る、というのは奇妙な経験でした。どこまでいっても作品の「あわい」に辿り着けないだろうな、という後ろめたい感覚を持ちました。しかし、その後ろめたさを払拭するほどの存在感が川瀬さんの作品にあると思います。言葉を変えると、実物を見ても、その「あわい」の先の先にまで辿り着けないだろうな、という気持ちの良い諦めを感じさせもしたのです。今後もその調子で頑張ってください。激賞します。

(原文そのまま)

『魚意、魚意、御意』

(京都芸術大学・WEB SPURT展2020 遠藤水城賞 受賞)

  • 2020年
  • 350×270mm

“Gyo-i, Gyo-i, Gyo-i”

(Fish’s will, Fish’s will and Your will)

  • 2020
  • 350×270mm


APPLICATION

作品の購入・出展、制作の依頼

  • Art Space KAWASEMI(アート スペース カワセミ)では、掲載している作品の購入・出展を受け付けております。また、作家への新たな制作依頼もお受けいたします。ご要望がございましたら、APPLICATIONをクリックし、メールフォームにてご連絡ください。
  • 作品については、必ずしもご希望に添えない場合もございますので、予めご了承ください。